公開日:2022/06/29 

【目的別】コンサルティング業務の種類

一口でコンサルティングといっても、その種類は多岐にわたります。会社経営にあたってさまざまな課題が生じますが、その課題によって依頼するコンサルティングも変わってきます。経営課題を最短で解決するためにも、コンサルティング業務の種類を知っておくことが大切。ここでは、コンサルティング業務の種類について詳しく紹介します。

コンサルティング業務とは?

コンサルティング業務とは、クライアント企業の相談を受け、分野についての深い知識と経験を活かし、有効な解決策を提示する業務のことです。依頼された企業の経営における課題をあぶり出し、解決に向けての提案やアドバイスを提供。さらには、解決策を実現するためのサポートを行います。

具体的な業務としては、経営戦略の策定や企業価値の算定を請け負う、などがあります。最終的な判断はあくまでもクライアントに任せるので、コンサルタントはクライアントに必要な情報を収集し、アドバイスを提供する立場になるのです。

そのほかにも、人事的・組織的面でのコンサルティングや、ITAI関連のコンサルティングなどがあり、専門性が高くなっている傾向にあります。クライアントが支払う報酬も、案件の規模や専門性、コンサルティング期間によって高くなることも。

クライアントが抱える企業課題を解決に導くため、最適なサポートを行う業務。これがコンサルティング業務と呼ばれる仕事です。

経営コンサルタントの必要性

経営コンサルタントは、非常に専門性の高い業務。卓越した専門知識と情報収集能力を活かし、クライアントに有益な情報を提供します。

自社に問題があることは分かっていても、何が原因なのか、どのような経営状況なのか。企業の経営者が明確に把握しているケースはそう多くはありません。クライアントにとって、客観的で公正な目線での提案やアドバイスは、社内の意思決定機関において重要な判断材料になるはずです。

経営コンサルタントに依頼することは、クライアントにとって非常に必要性が高いといえます。

コンサルティング業務の種類とは?

コンサルティング業務は、企業経営におけるあらゆる課題を解決するためサポートする業務。どのような種類があるのか詳しく説明します。

■総合系コンサルティング

その名のとおり、総合的なコンサルティングを行うのです。支援するファームは社員数が多く、大規模な会社である点が特徴。さまざまな課題に対応可能なので、クライアントのあらゆる企業課題に対して、一貫してサポートができます。

課題によっては、ほかのメンバーファームなどと連携してプロジェクトを進めていきます。チームや連携によって対応するため、単独のファームでは支援が難しい、大きなプロジェクトを受諾することもできるでしょう。

■戦略系コンサルティング

戦略コンサルティングは、戦略領域に絞ってコンサルティングを行います。戦略支援や提案を行いますが、それだけで終わることはあまりありません。クライアント企業内に深く入り込み、具体的な経営戦略や、各部門の業務戦略の策定から実行までをサポートをすることも。また、全社の経営戦略やM&A戦略などの対応も可能です。

■IT系コンサルティング

IT系コンサルティングは、クライアント企業が抱える課題に対し、IT・情報化戦略立案やシステム構想、システム導入までをマネジメントしながら解決に導くコンサルティングです。サービスの規模はあまり大きくはありませんが、独自の強みを活かして、大企業から中小・ベンチャー企業まで幅広くコンサルティングを行います。

■人事系コンサルティング

人事系コンサルティングは、企業の組織や人事、採用、教育、研修など、人と組織にまつわる問題に特化したコンサルティング。大手のファームでは、M&Aでの組織統合、年金や福利厚生などについてのコンサルティングも提供しています。人事に関するさまざまな課題の対応が可能です。

■財務アドバイザリー系コンサルティング

M&Aアドバイザリーおよび財務・経理に特化したコンサルティング。M&Aにまつわる経営戦略の立案・決定から、企業との契約締結にまで至るさまざまなプロセスについてのコンサルティングを行っています。近年、M&A関連の業務はクロスボーダー案件が増加しており、高いレベルの英語力が必要となっています。

■シンクタンク系コンサルティング

シンクタンクとは、調査・研究を行い、結果を発表したり解決策を提示したりする研究機関のこと。シンクタンク系コンサルティングファームは、大手証券会社や金融機関を親会社としており、民間企業や官公庁を対象に、経済調査や官公庁向けのリサーチなどについてコンサルティングを行います。大手企業グループのノウハウを採用していることが多いです。

■監査法人系コンサルティング

監査法人系コンサルティングは、大企業に対する会計監査業務を行うコンサルティング。しかし、監査だけにとどまらず、経営コンサルティングやITアドバイザリーなどの非監査業務も実施しています。

■国内独立系コンサルティング

国内独立系コンサルティングは、主に小規模店舗から1,000人規模の企業を対象とした、実践的なコンサルティングを主業務としています。生産性向上や品質管理といった現場レベルでの競争力強化に注力。多くのファームが全国各地に事務所を置き、それぞれの地域に特化したコンサルティングを行っています。

■企業・事業再生系コンサルティング

企業・事業再生系コンサルティングは、経営戦略の立案から実行までを一貫して行うコンサルティングです。企業の内部にまで入り込み、金融債権者などの間に入って再生サポートをしたり、実際に支援先の経営権を取得し、マネジメントとして参画したりするファームもあります。

 

コンサルティング業務とは、クライアント企業の相談を聞き、有益な解決策を提示する業務を指すのです。依頼された企業の経営課題を明確にして、提案やアドバイスを提供し、課題を解決に導きます。クライアントにとって、企業経営のプロフェッショナルであるコンサルタントの第三者目線での提案やアドバイスは、重要な判断材料になるでしょう。

コンサルタントに依頼することは、クライアントにとって非常に必要性が高いといえます。コンサルティングには、IT系コンサルティングや人事系コンサルティングなど、多くの種類があります。自社の課題解決に割く時間を最小限に抑えるためにも、さまざまなコンサルティングが存在していることを知っておきましょう。

経営コンサルティング会社おすすめ3選